2009年04月14日

どんよくなアレ

いきなりですが、俺は《貪欲な壺》のドローをあんまり信頼してません。

というのも、貪欲な壺使うと
デッキ中のモンスター比率が増大するからなんですよね。
これは、デュエル序盤ならまだマシも
後半になってデッキが少なくなってくると
ドローするカードがほとんどモンスターになるという事態が起こります。

言ってみれば手札がモンスターだらけという、ある種の事故なので
正直『事故を誘発しやすいドローカード』と認識しています。

逆に、デッキなんかは
デッキからモンスターを呼び出せるのでこの問題を緩和できるし
そもそも猫の効果はデッキからしか呼べないので
そう考えれば相性がいいということですね。

ついでに言えばシンクロモンor融合モンを戻せば
そいつらはメインデッキじゃなくエクストラに戻るので
デッキを圧迫しません。
この点でも猫デッキには有利。

さらに極端な話をすると
戻すモンスターが全部シンクロモンor融合モンなら
貪欲な壺は完全な2ドローカードとみなせます。
実際にそんな極端な場面は起こらないとしても
3枚ちょっとなら溜まる場面は結構あるので
擬似的に2ドローカードに近づけることはできそうです。


posted by −Ark− at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。