2010年01月14日

2010年OCG始動

約1ヶ月くらいOCGを放置してたんですが
ふと唐突にダーク・クリエイターが使いたくなったんで
いろいろ組み合わせを考えていました。

まあ、結論から言うと
今の所安定して勝ちを狙えるような組み合わせは未だ見つかってません
そして、試行錯誤してるうちにだんだん飽きてきて
いつの間にかまったく別のデッキを作ってる方が楽しくなってくるという
よくあるパターンですね。

とりあえずメインの機械デッキの方はしばらく調整中にしておいて
今はやっぱりHERO融合デッキが楽しいです。
融合先に多大な破壊力をもったヤツが多いのと
エアーマンがアド消費をカバーしてくれるのとが相まって
なかなか面白い動きをしてくれます。

ちなみに今調整してるのはDragoon D−ENDを使ったデッキ。

んでもってこっから先は個人的なメモみたいなもの。

以下、ダークリについて
ダーク・クリエイターを使うために考えてたことをまとめてみる。
どちらかというと考えたことを忘れないための自分用メモのようなもの。

まず前提条件。
Dクリエイターを効率よく使うには

 ・墓地に闇属性を5体揃えないと話にならない
 ・なるべく早く揃えないとそもそもデュエルが終わる

という2点を満たさないとろくに使えない。

しかし、1ターンにドローできるカードには限りがあるので
ただ闇雲に墓地に送ればいいという分けでもない。
どういうことかというと
例えば後攻1ターン目に5体の闇属性モンスターを墓地に送りたいだけなら
闇属性モンスター5体をコストにして最終戦争を発動すればいいだけだが
そんなことをしていては後が続かないのである。

なので、必然的に次の条件が付加される。

 ・できるだけ少ないアド消費で墓地の闇属性を増やす

こうなると、できることは意外と少なくなってくる。


1.普通に闇属性モンスターを使う

まず基本だが、闇属性モンスターをプレイすれば当然
墓地に闇属性モンスターが1体増えるはずである(除外などされない限り)。
しかし、これでは手札に来たカードしか使えないため
スピードを上げるとそれだけ手札を消費することになる。
なので、他の方法を合わせる必要が出てくる。


2.デッキから墓地に落とす

ドローカードだけに頼っていては早さは上がらないので
デッキから直接墓地に落とすことを考える。
例えば、終末の騎士の効果を使った場合
本体が闇属性であり、更に効果で1枚落とすので
1枚のカードを使って2枚の闇属性モンスターを墓地に貯めることができる。

つまり、「早さ」とは
「消費した枚数以上のカードを墓地に送る」ことを意味する。

一方で、終末の騎士自体はあっさり戦闘破壊されるので
結果的にアドバンテージは−1になる点に注意が必要である。

アド損まで考慮するならば
カードガンナーや各種ライトロードのように
墓地にカードを落としつつ本体もそこそこ使えるカードがあるが、
これらは本体が闇属性ではないし
落とすカードもランダムなので、確実性という面で問題が残る。


3.エクストラデッキを使う

もう1つ、消費枚数以上のカードを墓地に貯める方法として
エクストラデッキを使う方法がある。
例えば、闇属性+闇属性 で闇属性のシンクロモンスターを呼べば
2枚のカードで3枚の闇属性モンスターを墓地に貯めることができる。
闇属性のチューナーにはクレボンスゾンビキャリアゲイルのように
優秀なカードが多いので、使う価値はある。

気になるのは、闇属性の有用なシンクロモンスターにLv6とLv7がいない点である…

同じようなことが融合召喚にも言えるが
こちらはアドバンテージが−2になる上
結果的に3枚のカードを消費して3枚の闇属性を増やすだけなので
シンクロ召喚に比べると効率が悪い。


4.その他、カード個別の効果

(2)と(3)の複合技で未来融合を使う方法がある。
例えば、ガトリング・ドラゴンを指定すれば
ブローバック・ドラゴンリボルバー・ドラゴンと合わせて
結果的に(妨害されなければ)3枚の闇属性モンスターを墓地に送ることができる。
これは、消費カード1枚・アド損無しで3枚のカードを墓地に貯めるので
枚数だけ見ればかなり効率がいい。
ただし、途中で妨害されることが多いのと
出るタイミングが分かるガトリング・ドラゴンは相手に対策されやすいので
運用の面では問題が残る。

デステニー・ドロートレード・イン
闇属性モンスターをコストにしてドローすれば
アド消費なしで墓地の闇属性モンスターを増やせるしデッキも回る。
これらのコストとなるカードが上手く入るデッキなら採用の余地があるかもしれない。

魔装機関車デコイチ暗黒のミミック LV1のような闇属性のドローモンスターカードは
アド消費なしで闇属性モンスターを1体増やせる。
一方で、発動まで1ターンかかるのでスピードの面で不安が残る。

キラー・トマトのような戦闘誘発系のカードも
アド消費は無いが、発動が相手依存なのでやはりスピード面で不安。

また、ファントム・オブ・カオスDクリエイターをコピーすれば
そもそも墓地に5体も揃える必要が無いということも考えた。
しかし、これもよくよく考えてみると発動するためには

 ・墓地にDクリエイターが居る
 ・場にファントム・オブ・カオスが居る
 ・コストで除外する闇属性モンスターが1体以上墓地に居る
 ・蘇生する闇属性モンスターが1体以上墓地に居る

という4つの条件が必要なので、思ったより面倒くさい。
しかも、効果自体はほとんどの場合1回しか使えない。

なので、ファントムオブカオスを軸にしてDクリエイターを使うのは厳しいという結論に至った。
もし使うとすれば、あくまでDクリエイターを機能させた上での
追撃要因として使う感じになると思う。



まあ、そんなこんなでいろいろ試してみたんですが
そろそろ諦めムードになりつつある次第です。
というか、今はD−ENDデッキ回してた方が面白いしw


posted by −Ark− at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。