2013年02月15日

もうすぐ新制限発表か・・・

そんなわけで、沼地の魔神王破壊神ヴァサーゴを両方積んだ融合デッキの作成に取り組んでいるわけですが
いまいち、しっくり来るデッキができませんな・・・

自分は、新しいデッキを作ったときはひとまずDOを使って1人で数回回して
初手から2、3ターン後くらいまでをシミュレートするんですが
多くのデッキはここで上手く回らずにそのまま闇へと葬られますw
数回シミュレートして、上手く回ったデッキだけが実戦を迎えられるというわけですね。

んで、今回のこのコンセプトで問題となっているのが
融合代用モンスターを5枚入れたところで、それを上手く使いこなせないという点。
現状、融合テーマでデッキを作ろうとすると
ある特定の墓地融合カードを1つ選んで3枚積むわけですが
墓地融合カード3枚だけだと足りなくて、せっかく墓地に送った素材代用モンスターが無駄になってしまうことが多いです。

そこで今回、「墓地融合カードを2種類採用する」という 昔やろうとして失敗した 構成に挑戦してるんですが
これがまた事故る事故る・・・
まあ、素材系統の違う2種類の融合モンスターを使おうとすればそりゃ事故りますねw
まず、軸となる融合系統(オーバーロード龍の鏡ミラクル・フュージョンか)を決めておいて、
デスガイドヴァサーゴが悪魔族なので
パワー・ジャイアントあたりを混ぜてダーク・コーリングを追加するのが
手っ取り早くて行けそうなんですが、やっぱり事故ります。
★6以上の悪魔族で、もう少し軽く出せるモンスターが居ればマリシャスデビルもいけるんですが
現状だとそう都合の良い上級悪魔がいなくてですね・・・

そんな感じでちょっと行き詰ったんですが
そうこうしている間に、次期制限カードの発表が間近に迫ってきました(^^;
まあ、マイナーなジャンルでデッキを作ってる身としてはあんまり影響は無いでしょうけど
1つ気になるのが、デスガイドが制限に格上げされないだろうか?? という点。
1枚と2枚じゃ使い勝手が全然違うので、もしこれで制限に格上げされたら
今やろうとしてるコンセプトは崩壊してしまいますw

というわけで、ここまで来たら制限発表を待ってからいろいろデッキを練りこもうかと思ってます。

それはさておき
過去記事のコメントで究極竜騎士を推されたので
究極竜騎士型のデッキをいろいろいじくってたら
何やらこっちはもしかするとまともに戦えるレベルになりそうな気がしてきました(・・・?)
ただし、上で述べたコンセプトとは別で、こっちは沼地の魔神王だけの方が相性良いみたいです。

この型の場合、素材に使うカオス・ソルジャーをどう使いこなすかがポイントになるんですが
幸い、儀式モンスターなのでサーチできる上にトレード・インで回すことができます。
ただ、デブリ沼地の魔神王 + 融合セット一式 だけではデッキが埋まらないので
あともう1ギミック加える必要があります。
そこで、出てくるのが調和の宝札
伝説の白石青眼の白龍を混ぜれば
トレード・インとの相性も良くて割と回る気がします。
そして、このくらいデッキを回せれば、墓地融合が龍の鏡1種類だけだとしても
けっこうな確率でドローできると思います。

・・・とまあ、我ながらいつもこういう妄想だけは出てくるので
あとはいかに上手く調整して仕上げるかってことですねw

ちなみに、こういったドロー型の究極竜騎士デッキは昔作ったことがあって
俺の中では数少ない、納得のいくレベルの融合デッキだったと思います。
ただ、当時はまだ調和の宝札が無かったはず(たぶん)なので
エア・サーキュレーターを入れて無理やりドローを回してました。

というわけで、これが調和の宝札に置き換わればきっともっと強くなるはず!

・・・と期待しつつ、調整の続きはとりあえず新制限出てからですね(^^;


posted by −Ark− at 04:19| Comment(2) | TrackBack(0) | OCG・妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
究極竜騎士型のギミックいいですね!
パクる・・・じゃなくて自分なりに煮詰めてみたいと思います
魔人ダーク・バルターを使ったデッキを扱うのは、少し無理でした・・・
今まではゲート・融合HERO型のデッキで選考会期間戦ってきたんですが、今回は大佐さんモデルの究極竜騎士型で、選考会を目指すプレイヤーに初見殺しの絶望を与えたいと思います
Posted by 33-4 at 2013年02月15日 10:14
>> 33-4 氏 at 2013年02月15日 10:14
 なんか、毎回記事を読んでくれてるみたいで驚きですw

 パクる・・・ なんて言えるほど大したギミックでもないので、ぜひどんどん使ってやってください! まあ、実際に記事で載せたデッキは2009年の制限で作ってますし、現制限に合わせたり今の環境に合わせたりしてたら、それはもう33-4氏のオリジナルのデッキだと思いますので。

>> 魔人ダーク・バルターを使ったデッキ
 融合モンスターの中だと、割と渋い選択をしましたね・・・ 実際に使っている場面を見たのは魔導サイエンティストの効果で出していた人くらいなので、それ以外で出そうというのはかなり珍しいと思いますw 問題は、ATK2000越えのモンスターがいとも簡単に出てくる今の環境だと、ちょっと力不足… と言ったところでしょうか。相手にとってウザい効果なのは間違いないんですけどね。

 正直、融合テーマデッキがガチ対戦でどのくらい通用するかは未知数なので、楽しみではあります。俺が過去にDOで使った範囲だと、ライオウとマクロコスモスあたりが厳しかったので、そのあたりをどう対応するかが決め手になると思います。
Posted by −Ark− at 2013年02月16日 02:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。