2013年03月09日

WBC 第2ラウンド 日本 vs 台湾

3月9日: 台湾★ 3 - 4 ☆日本 (延長10回)

日本 | 0 0 0 | 0 0 0 | 0 2 1 | 1 || 4
台湾 | 0 0 1 | 0 1 0 | 0 1 0 | 0 || 3


WBC第2ラウンドの対台湾戦。
今日は開始前に大学から帰宅できたので、ずっとテレビ中継を見てました。
我が日本は、8回に点を取るまでヒット9本で無得点という
序盤はヒジョ〜にイライラさせる試合展開でしたが、
終盤以降に点の取り合いになり、終わってみればかなりアツい試合になりましたね!

振り返ると、見所もけっこう多かった試合だと思います。

まず、球種がほぼシンカーのみという異様な配球で
日本打線を6回無失点に抑えたオウ・ケンミン。
日本打線が攻めあぐねた部分もありましたが
前評判通りの投球だったと思います。

3回裏、先発の能見が押し出しで1点を先制され
なお2死満塁のピンチで出てきてビシッと三振で抑えた攝津。
摂津もボールカウント3まで行ったときはヒヤヒヤしましたが
その後、コースギリギリのストレートで三振まで持ち返したのは見事でした。
能見は、球自体は良かったものの
きわどいコースのストレートが何球かボール判定になったのが響いたと思います。

その攝津も5回に1点を失いますが、
これは2人目のバッターを2ストライクで追い込んでおきながら
3球目が真ん中に入ったところを打たれたといういわゆるコントロールミス。
別に大きく崩れたわけではないです。

ようやく点が取れた8回表。
この回は、スコアボードと打者成績だけ見れば日本がヒットで繋いで2点取っただけに見えるんですが
実は台湾の守備が良かったです。
抜けそうな当たりをショートが2度止めたことと
2点目を取られたときに3塁で走者をきっちりアウトにしてるんですよね・・・
ついでに言えば糸井がバントミスをしているので
このどれかが無ければもっと点が取れて逆転できたと思います。

その直後、田中が急に打たれて再び勝ち越されますが
変わった山口がその後を0点に抑えたのもすごかったです。

1点を追う9回表。
鳥谷が四球で出塁したものの、2アウトとなり絶体絶命のピンチ・・・
そこで鳥谷がまさかの盗塁を決めます。
9回2アウトから盗塁というと、
下手をすれば『バッカじゃなかろかルンバ(→参考)』になりかねないので
鳥谷にはかなりのプレッシャーがあったと思います。
まあ、実際はピッチャーのモーションが大きかったようなので
割と成功率が高いと見て走ったんだとは思いますけどね・・・
そして、この盗塁が結果的に井端の同点タイムリーを呼び込んだので
まさにギリギリの戦いをしていたと思います。
(というか、今大会の井端は大会全体を通して神がかってますねw)

同点の9回裏、台湾の攻撃。
日本は守護神の牧田(西武)を投入しますが、1人目に上手く打たれてランナーを出します。
しかし、次のバッターのバントが小フライになり・・・
それを牧田がダイビングキャッチ!
リプレイで見ると、なんだか牧田の手首がグニャリってなってて心配なんですが
このプレイもあって何とか0点に抑えました。
そういえばこのプレイを見てて思ったんですが
西武の投手ってフィールディングや牽制、クイックが上手い選手が多いですよね。
今大会はもう1人、西武から涌井も出てるのでこういう緊迫した場面では頼りになります。

そして10回表。
ランナーが出た日本は代走をつぎ込み、台湾もピッチャーをつぎ込み
文字通り総力戦になって来た試合を決めたのは若き大砲 中田の犠牲フライでした!
点の取り方としては少々地味な気もしますが
あと少し伸びていればホームランという大きな当たりだっただけに
観客は大いに盛り上がったことと思います。

10回裏。
ここまで来てもランナーを出して粘る台湾打線を
最後は杉内が併殺でしとめて試合終了

終わってみれば、久しぶりにずっと見ていたくなる面白い試合だったと思います。
(まあ、序盤はなかなか点が入らなくてイライラしてたんですけどね・・・)
これで、次の試合は明後日のオランダ戦。
ここまで来たら、このままの勢いで勝って決勝に進んでほしいですね!

あと余談
・・・とまあ、終わってみれば面白い試合だったんですが
上にも書いた通り、序盤は点が入らずにイライラしてました。
というより、今大会の日本の試合が全体的に地味なんですよね。

それもそのはず。
大会始まって、現時点で日本で長打を打ったのは糸井だけなんですね・・・
1ラウンドに続いて今日も二塁打を打った糸井ですが
ここまで糸井以外が打ったヒットは全て単打です。
・・・点効率が悪くて地味に感じるのも納得できますね。
なんだか、悪い意味で「スモールベースボール」をやっている気がします。

しかも、今日の試合ではその糸井にバントをさせたわけです。
ほんとに、わざと長打を打たせないようにしてるんじゃないかと疑います。
結果、失敗に終わったせいもあってなおさらイライラさせてくれました。

なんというか、小さくなりすぎている気がします。
「率の低い長打を狙うより、率の高い小技で繋いで点を取る」のがスモールベースボールだと認識していますが
「長打を打てる打者が、敢えて単打狙いに徹する」のは意味があるんでしょうか?
少なくとも、今大会の日本チームのスイングを見ているとそう感じてしまいます。
その点、他のチームには何人か長距離砲が居て、
空振りするにしろホームランを期待できるようなスイングをしている打者が居ます。
ランナーを貯めるだけではダメで、時にはランナーを還す打者も必要だということですね。

もちろん、チームの事情で長距離砲が居ない場合は仕方が無いでしょうが
WBCみたいな国際戦では12球団から好きな打者を選べるわけです。
それなら、小技ができる選手も長距離が打てる選手もまんべんなく選んで
それぞれが自分の役割を果たせるバッティングをすればいいでしょう。

かつて、ホームランバッターをズラリと並べた巨人が勝てなかったように
小技だけで戦おうとするチームも勝てないんだと思います。
(まあ、今のところ勝っているので今後どうなるかは分かりませんが。)
何より、長打の無い試合は見ていても派手さが無くてつまらないので
是非とも今後の日本代表にはもっと長打を打ってほしいですね・・・

というわけで、勝った割になんだか愚痴っぽくなってしまいましたが終了w


posted by −Ark− at 04:21| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに采配には、疑問が生じますよね。一貫性も感じられないし、心配です。
前大会もスモールベースボールでしたが、内容は長打率.393 OPS.764と長打も結構打ってたので、やはり阿部等の長打を期待せざるを得ませんね

Posted by Kei at 2013年03月10日 10:51
>> Kei 氏 at 2013年03月10日 10:51
 毎回コメントありがとうございます。
 今このコメントを書いている時点でvsオランダ戦を終えた後なんですが・・・ そこまでの試合が嘘だったかのように打線が爆発しましたねw やはり、日本を代表するチームとなれば長打の多い華やかな試合の方が見ごたえがあります。もちろん、こつこつランナーを出していたからこその大量点だったわけですが、ランナーを返すべきときには長打が必要だと認識させられた試合だったと思います。
Posted by −Ark− at 2013年03月11日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。