2013年02月24日

究極竜騎士リメイク途中版

先週あたりから1人プレイでぐるぐる回していた究極竜騎士デッキが
だいぶまとまってきました。
ひとまず相手の妨害が無ければ回るようになったという段階ですね。

融合ルートは《カオス・ソルジャー》+《沼地の魔神王》→《究極竜騎士》 で
龍の鏡》で出すというもの。
そこに《沼地の魔神王》と相性のいい《デブリ・ドラゴン》を入れて
氷結界の龍 グングニール》を出せるようにします。
デッキを回すためのエンジンとして《マンジュ・ゴッド》と《トレード・イン》を入れて、
ここまでがこのデッキの固定枠。

これに色々なカードを組み合わせてデッキを組み立てていくわけですが
今のところ、《魔界発現世行きデスガイド》+《破壊神ヴァサーゴ》セットと
エア・サーキュレーター》を入れる形になりました。

なんだかんだで3年前に作ったデッキと同じ形に落ち着きましたねw
制限カードと新カードに対応したマイナーチェンジ版といった感じです。

以下、デッキ内容。
モンスター(21枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
破壊神ヴァサーゴ×2枚
沼地の魔神王×3枚
マンジュ・ゴッド×3枚
デブリ・ドラゴン×2枚
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
カオス・ソルジャー×3枚
カードガンナー×2枚
エア・サーキュレーター×3枚

魔法(14枚)
龍の鏡(ドラゴンズ・ミラー)×3枚
融合×2枚
大嵐
死者転生
死者蘇生
ブラック・ホール
トレード・イン×3枚
スケープ・ゴート
サイクロン

罠(5枚)
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
No.17 リバイス・ドラゴン
No.20 蟻岩土ブリリアント
ブラック・ローズ・ドラゴン×2枚
究極竜騎士(マスター・オブ・ドラゴンナイト)×3枚
虚空海竜リヴァイエール
氷結界の龍 グングニール×2枚
(残り5枚未定)
動かし方
回し方は、序盤からとにかく究極竜騎士を出せる状況を目指すこと。
ドロー系カードとサーチ系カードをひたすら使ってれば
そのうち必要なカードが舞い込んでくるよね? という戦法です。
つまり、墓地に素材を揃えることに専念していれば
結果的にデッキが圧縮されて《龍の鏡》や《デブリ・ドラゴン》をドローしやすくなる(はずw)ということですね。

なので、序盤にやるべき行動は
 ・《沼地の魔神王》を発動して墓地に送る
 ・デスガイドで《破壊神ヴァサーゴ》をサーチする
 ・《マンジュ・ゴッド》で《カオス・ソルジャー》をサーチする
 ・理想的にはそのまま《トレード・イン》まで繋げる
といった感じになります。

しかし、現実には上手くかみ合わないことがあります。
そこで出てくるのが《エア・サーキュレーター》で、
「今その場で必要ない」と思ったカードはさっさとデッキに戻しましょう。
特に、序盤に手札に来た《融合》は使い道に困るので
優先的にデッキに戻します。

カードガンナーエア・サーキュレーターのドロー効果もあり
そうこうしているうちに龍の鏡やシンクロの発動条件が揃うので
そのまま相手に攻撃が通れば勝ち となります。
続きを読む
posted by −Ark− at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | OCG・デッキ残骸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。