2014年03月31日

2014年プロ野球開幕!

しばらく引っ込んでましたが
プロ野球シーズンになったのでまた戻ってきました。

3月28日:ロッテ★ 5 - 11 ☆ソフトバンク
3月29日:ロッテ★ 2 - 5 ☆ソフトバンク
3月30日:ロッテ★ 2 - 3 ☆ソフトバンク

ホークス開幕3連勝キター!

開幕カードから、あまり得意ではないロッテが相手なのでどうなるかと思いましたが
いいスタートを切れて何よりです。
しかし、去年の覇者:楽天も3連勝しているので
いきなり首位快走! とは行かないようですね。


hawks20140328.JPG

開幕戦はエース攝津 vs 成瀬の投げ合い。
去年の成績を見れば、ヤフードーム成瀬は強敵なんですが
成瀬の調子が良くなかったみたいで打ち崩せたのが良かったですね。
(去年のヤフードーム成瀬は16イニングで1失点だとかいう記述を見ました。)

まあ、さすがに自分のホームでやりたい放題やられるわけにはいかんので
今年はこの試合みたいに打ち崩して欲しいです。

打つ方は、打線も繋がり、内川・柳田にホームランが出て文句無しの11得点!
さい先のいいスタートを切れました。


hawks20140329.JPG

開幕2戦目は、中日からFAで移籍した中田が先発。
これまであまり見たことが無い投手だったんですが
投球フォームがきれいにまとまっていて、いい投手だと思いました。
移籍した選手がいきなり2番手を任されるあたり、
去年までの先発のコマ不足が伺えますね…
大隣の難病による離脱は予想外とはいえ
ホークス生え抜きの東浜や武田あたりにもっと出て来てほしいです。

試合の方は、これまたホークスキラーだった唐川を
5回の集中打で何とか打ち崩して勝利!
やはり内川-デホ-長谷川の、首位打者リレークリーンナップは頼りになりますw


hawks20140330.JPG

勢いに乗ったホークスは、3戦目も1点差で何とか勝利!
結果だけ見れば勝ちですが
相手先発のルーキー:石川 を打ち崩した… とは言えないです。
テレビで見た感じ、変化球・直球ともに球筋が良かったので
今後の対戦では強敵になりそうですね…

試合の方は、内川のソロ本塁打が決勝点となり
ロースコアゲームを取ることができました。

ここ3試合の内川は2本塁打を含む、12打数8安打 5打点
現時点では三冠王です(何
このまま行けば、シーズン終了時には384安打96本塁打240打点になる計算ですので
この勢いでほんとに三冠王とか取れたらいいですねw
posted by −Ark− at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

2013年ホークス終戦〜

10月05日:ソフトバンク☆ 3 - 0 ★日本ハム

hawks20131005


ホークス2013年シーズン終了・・・orz

今年は最後の方、プレーオフ(CS)に出れるかどうか微妙なところでしたが
大事な西武戦に2連敗、その後のハムにも逆転負けしたホークスは
2008年以来のBクラス転落となりました・・・
もう1つ、この試合には長谷川のシーズン200安打もかかっていたんですが
残念ながらノーヒットで、記録は198安打ということになりました。
残り2試合で198安打になったときは、行ける! と思ったんですけどね。
そこからノーヒットというのは、やはりプレッシャーがあったんでしょうか。

・・・と、暗い話題ばかりではなく
今日の試合でルーキー東浜がプロ初完投・完封勝利を達成!
(しかも無四球、2桁奪三振のオマケつき)
即戦力と言われていた期待のルーキーが、ちょっと遅れましたが
ようやく安定したピッチングができたと思います。
しかも、奪三振10のうち見逃し三振が7個ということで
これは結構すごいことだと思うんですよね。
Bクラス転落のショックの中、最後をビシッと決めてくれたのは来期に期待が持てます。

というわけで、我がホークスは他球団より一足早く全日程を終えました。
CSに出れなかったのが久々なのでちょっと物足りない気もしますが
正直、最後の方は先発陣が大崩壊してたので
これを期に来期に向けて先発陣の立て直しをしてほしいですね。

あと、久々のBクラス転落… という割には、まだまだ来期に繋がるシーズンだったと思います。
中村(晃)、今宮、柳田 あたりの若手が一気に一軍定着し始め
中堅の内川、松田、長谷川も好成績を残せました。
その打撃陣の好調があって、12球団トップのチーム得点660ですし
まあ、来期は先発投手がもう少し安定すれば何とかなるだろうと思ってます。

さて、今年はこれから他チームのCSでも見てまったりと過ごしますか。
個人的には、西武と広島を応援しています。
西武は中村のホームランに期待、広島は菊池のスーパープレーに期待しています!
posted by −Ark− at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

今日のホークス11

9月5日:ソフトバンク☆ 9 - 7 ★日本ハム

hawks20130904


試合時間:6時間01分の死闘orz

両チームで計18人の投手をを継ぎこみ
パリーグの試合時間の最長記録を更新した血みどろのゲームは
延長12回、ホークス期待の若手:中村の3ランにより決着が付きました・・・

と言いつつ、12回裏には1点を返され
なお1打逆転サヨナラのピンチで4番:アブレイユというシーンがあって
すんなり終わりませんでしたけどねw

それにしても、いったい何故こんなに試合が長くなったのかというと

ホークスの安打数:16 与四死球:13
日ハムの安打数:10 与四死球:6


というこの数字が全てを物語っている気がしますが・・・

というか、ホークスの投手陣
これだけ四球与えといてよく4回裏の6失点だけで済んだなという話ですよ。
まあ、もしこれで負けていれば何も得るものが無い最悪の試合でしたが
いちおう勝って1勝分の価値があったのがせめてもの救いですね。

しかし、6連戦の2戦目でこんな泥試合やってていいんだろうか;


松田が絶不調という不安・・・

とりあえず長いゲームだったこの試合、
当然、出場選手の打席数も多くなるわけですが
好調・不調の差がはっきり現れていました。

《好調》
 5番:長谷川 → 6打数5安打


《不調》
 2番:今宮 → 7打数0安打(2三振)
 7番:松田 → 6打数0安打(1三振、犠打1含む)


まあ、好調だった長谷川はこれで打率.346となって
初の首位打者が見えてきましたね〜

一方、心配なのが松田の不調っぷり
少し前まで4番を打っていた打順も6番→7番と下げられてしまいました・・・

それでも、散々回ってくるチャンスが松田を逃がさない。

なんというか、好調でも不調でも何故かチャンスで松田に打順が回るんですよね。
現在、チームトップの78打点を挙げているのもその証拠なんですが
それでいて得点圏打率が.289に留まっているわけで
いかに松田の打席にチャンスが回ってくるかが分かりますw

まあ、ホークスが大量点を取るためにも
早いところ調子を取り戻して欲しいですね。
posted by −Ark− at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

今日のホークス10

8月24日:ソフトバンク☆ 7 - 3 ★西武

hawks20130824

最下位オリックスに連敗したあとサクッと西武に勝つホークス・・・

今シーズンは何故かパリーグの中で対西武だけ相性良すぎなんですよね。
(現在12勝5敗)
今日の試合も、初回にチャンスで長谷川の惜しいあたりがフェンスギリギリアウトになり
その直後に浅村の2ランを食らって嫌な流れだったんですが
それでも、まあ2点くらいすぐ追いつくだろうと思えてしまうのが今年の西武戦。

西武ファンには申し訳ないですが、今年の西武戦は負ける気がしないです(^^;
まあ、それでもかつてのホークスvs西武と言えば
21年連続負け越しという暗黒の呪いがかかったカードだったんで
このくらい勝たせてもらってもまだまだお釣りがあると思いますよ?w

というわけで、明日も勝って是非カード勝ち越しと行きたいところ。

その他
ロッテ★ 5 - 7 ☆楽天

なんか首位楽天が逆転勝ちしてるorz

初回にロッテ:GG佐藤の満塁ホームランで4-0になったところで歓喜してたんですが
そこからじわじわと点を取って逆転できるのが今の楽天の強いところですな・・・
先週、楽天が5連敗したときにあんまりゲーム差を縮められなかったのが痛い。
posted by −Ark− at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

生存報告・・・

約2ヶ月ほどネット世界から離脱していましたが
大学が夏休みに入ってちょっと落ち着いたのでまたぼちぼちやっていこうと思いますw

今日のホークス10
ソフトバンク ★ 0 - 5 ☆ 楽天

hawks20130810.JPG

我がホークスは田中の開幕16連勝止められず・・・orz

プロ野球新記録の開幕16連勝がかかったこの試合。
始まる前から各所でずっと話題になっていましたが
蓋を開けてみればまあ、どう見てもホークスの圧敗でしたorz

初回に先頭の中村が二塁打で出塁 → 今宮バントで1死3塁
としたまでは良かったんですが、ここから無得点・・・
ホームを踏ませない田中の投球が勝ったということなんでしょうが
結果的にホークスは最後まで無得点で
初回の攻撃で試合の流れは決まったかなという感じですね。

まあ、明日は先発が攝津なので何としても勝ってほしいところ。
誰が田中を止めるのか?
これで、田中は開幕16連勝となり
かつてのホークスのエース斉藤和巳が持っていたプロ野球記録が塗り替えられました。
斉藤は今年で完全に現役引退することを表明しており
その身とともに記録の上からも過去の人になってしまった点は寂しくもあります。

ただ、その最後の相手がホークスだったというのはある意味良かったかもしれませんね。
ホークスには記録を阻止する(=斉藤の記録を守る)チャンスが与えられて
それを見事に破られたので、納得のできる結末だとも思います。
それでも、もうちょっと粘るなりして接戦に持ち込んでほしかったですが
悲しいことに、これが現在首位の楽天と4位ホークスとの力の差でしょう。

そしてその田中が、次は「シーズンまたいでの21連勝」という記録に挑むわけですが
現在の記録保持者が西鉄ライオンズの稲尾和久で
次の相手が西武ライオンズというのがまた運命的なものを感じますねw

・・・と、ここまで考えて思ったんですが
今のパリーグで田中を止められそうな実績のある投手ってあまり居ないんですよね。
一番有力なのがホークス攝津と、オリックス金子。
あと、全盛期であればロッテ成瀬、西武涌井なども期待できそうですが
こちらの2人は今シーズンはちょっと調子落としてるので
実質的には田中を止められそうなのは攝津と金子の2人くらいということになります。

これが数年前なら、ダルビッシュや杉内、和田、金子、成瀬、涌井 と
各チームに1人ずつは絶対的エースの投手が居ました。
もし、今も彼らが健在なら、誰かが途中で田中の連勝を止めてたのでは? と思うわけです。

まあ、そういう状況も考慮すれば田中の連勝記録はシーズン終了まで続きそうな気もしますねw
posted by −Ark− at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

今日のホークス9

5月17日:ソフトバンク☆ 4 - 2 ★阪神
5月18日:ソフトバンク★ 5 - 9 ☆阪神

交流戦2カード目の、対阪神2連戦〜

1戦目、危ない場面が何度もありながら
何とかしのぎ切って交流戦1勝目を挙げたホークス・・・

2戦目は、今チームで唯一安定している攝津が先発ということで
すんなり勝てるかな? と思いきや
初回に5失点してそのままずるずる負けてしまいましたねorz
まあ、攝津は先発転向してから基本的に安定しているものの
年に1回か2回は大炎上する日があるので
それが今年は阪神戦で来たということでしょう。

それより、相変わらず打線がいまいちですな('A`)
ホームラン4本も打っておきながら、合計で5得点。
しかもホームラン以外では点が取れないという、いつものホークスですねw

というわけで、打線が調子を上げるまでは今みたいな試合が続くんでしょう・・・


ここ1か月のホークスの勝敗を振り返ってみる

4/19〜 ☆    ★
4/21〜 ☆☆   ★★
4/27〜 ★    (←ちょっと休憩)
4/28〜 ☆☆☆☆☆★★★★★
5/11〜 ☆☆   ★★
5/17〜 ☆    ★

勝ったら勝った分をしっかり吐き出すオセロ野球。

しかも途中でちゃっかり黒星が先行している分
全体としては負け越しになってしまいますね(ノ∀`)
posted by −Ark− at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

最近のプロ野球7

5月8日:ソフトバンク★ 2 - 4 ☆オリックス
5月9日:ソフトバンク★ 2 - 3x(9回サヨナラ) ☆オリックス

5連勝のあと5連敗で オ セ ロ 完 結 。

いや、実際はまだ連敗が止まってないので完結してないんですけどねw

何もかもが噛み合わないホークス。
1戦目は寺原が完投したんですが、4失点で負け投手に・・・
悲しいことに、これが今季のチーム初完投だったりします(^^;
打線も、得点は吉村の2ランによる2点だけ。
長谷川が1安打2二塁打打って、散々得点圏にランナー進めてるんですが
なかなか後が繋がらないのです。

そして2戦目。
中継ぎ陣がボロボロと離脱していくなか
とうとう最後の砦ファルケンボーグまでが炎上。
危険球で退場した上に、サヨナラ負けを喫してしまいます。

これはもう、明日先発の攝津に連敗ストップを託すしかない!
その他の試合
5月10日:巨人★ 10 - 12x(9回サヨナラ) ☆DeNA

■ 本塁打
[ 巨人 ] 村田 6号(1回表2ラン) 、坂本 5号(7回表ソロ) 、ロペス 9号(7回表ソロ)
[ DeNA ] ブランコ 18号(1回裏2ラン) 、中村 5号(1回裏ソロ) 、多村 2号(7回裏2ラン) 、モーガン 1号(7回裏ソロ) 、多村 3号(9回裏3ラン)

両チーム計8本塁打の乱打戦キターw

いやはや、一時は7点差を付けられた横浜DeNAが土壇場でサヨナラ勝ち。
見てる側としては面白い試合だったでしょうなw

[ハイライト]
http://www.youtube.com/watch?v=x6j7yjfrI3Y

そんなことより、多村様のサヨナラホームランがすごかった!

[動画]
http://www.youtube.com/watch?v=9b-7wHRUE50

外角直球をライトスタンドに叩き込むホームラン・・・
これぞ多村の真骨頂というような打球でした。
ほんと、なんで右方向の打球がこんなに伸びるんでしょうね?
昔どこかで「逆方向に強い打球を打てるのは天性の才能によるところがある」
とかいうことを聞いたことがありますが
多村を含め、清原や落合なんかもそうだったんでしょうか。

まあ、なんにせよ昔から応援している選手なので
ホークスを出て行ってからも活躍しているのは嬉しいですね。
posted by −Ark− at 03:35| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

最近のプロ野球6

5月4日:ロッテ☆ 3 - 1 ★ソフトバンク
5月5日:ロッテ☆ 2 - 1 ★ソフトバンク
5月6日:ロッテ☆ 5 - 2 ★ソフトバンク


あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「首位西武に3タテして5連勝したと思ったら
 いつのまにかロッテに3連敗していた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが(ry



連勝すれば連敗する、見事なオセロ野球
5連勝して喜んでいたの束の間、
本拠地ヤフードームであっという間に借金生活に逆戻りですよ…('A`)

まあ、今回は相性やアクシデントも含めていろいろ部が悪かったですね。

1戦目はホークスの本拠地ヤフードームで無敵を誇る成瀬が先発で
早くも今季、ホークス戦だけで3勝目を献上www
一応、6回終了時点で内川のホームランにより1−0と勝ち越してたんですが
この日、勝ちパターン継投の1人である岩崎が右ひじ痛で抹消されていたため
7回を安心して任せられる中継ぎが居なかったんですよね・・・
その結果、7回の継投が後手に回って1−3に逆転されてしまったという次第です。

唯一勝てる見込みがあったのが、武田翔太が先発する2戦目だったんですが
何とか2失点に抑えたものの打線が1点しか取れずに負け。
ただ、決勝点が武田の押し出し四球だったので
これも中継ぎが盤石なら防げた失点かもしれません。

そんで3戦目。
先発予定だった大隣が腰痛のため離脱
何を血迷ったか中継ぎの森福を先発に回すという
まさに最初からクライマックス状態。
もともと早い回から継投する予定だったみたいですが
結果は、各投手がじわじわと失点していって負けてしまいました。
ただ、打線も割と点が取れそうなチャンスは作っていただけにもったいなかったですね・・・

というわけで、ホークスはまたしても停滞中。
原因は割とはっきりしていて

 ・打線がみんなまんべんなく不調
 ・勝ちパターンの中継ぎが千賀、ファルケンボーグの2人しか生き残っていない
 ・その中継ぎ2人も連投によりちょっと怪しくなってきた
 ・開幕前は余るほどいたはずの先発陣が思ったより安定しない

というようにもはやネガティブな要素が満載なのです(ノ∀`)

まあ、怪我人が思いのほか多いので
ある程度ベストメンバーを組めるまでにはちょっと時間がかかりそうですね・・・
posted by −Ark− at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

最近のプロ野球5

またずいぶんと放置してしまいました。
年度初めで大学のタスクが色々溜まってたせいなんですが
まあ、なんだかんだ言ってプロ野球はしっかり見てますw

5月1日:西武★ 1 - 3 ☆ソフトバンク
5月2日:西武★ 5 - 7 ☆ソフトバンク
5月3日:西武★ 6 - 7x(延長10回) ☆ソフトバンク

首位:西武にまさかの3タテ来たあああああ

2試合続けて満塁ホームランを食らうという悲劇に見舞われながらも
打線がそれ以上に点を取ってくれたおかげで何とか勝てました。(→1本目2本目
何よりホークスが苦手な牧田、野上に加え涌井という
西武の表ローテから3連勝できたのも大きいですね!
まあ、前回の3連戦で3連敗していたので
これでお返しして五分五分といったところでしょうか。

特に3戦目はお互いが点を取り合うゲームだったので
見ている側からすれば結構面白い試合でした。
(まあ、最終的にホークスが勝ったから面白いと言えるんですが・・・w)
ただ、先発の摂津に勝ち星が付かなかったが残念です・・・

それでも、チームは今季初の5連勝なので
このままの勢いでロッテも倒して上位を一気に叩きたいですね。


吉村のホームラン

それはそうと、この日は長谷川と吉村の2人が大活躍でした!
吉村と言えば、GW期間中だけ何故か覚醒することで有名(?)ですが
今年も大事なところでホームランを打ってくれましたw
(動画→http://www.youtube.com/watch?v=UOUF8EvfW94

さすが、過去にシーズン34本塁打を打ったこともある吉村。
きっちり打てば福岡ドームでも外野スタンド中段まで届きますね。
そして打った後のバット投げがかっこいい!w

このバット投げ、何処かで見たような… と思ったら
小久保のバット投げに似てますねw(→参考動画
最近、若手の柳田悠岐が“小久保の後継者”なんて言われてますが
この打撃フォームを見ていたら後継者は吉村でもしっくりくる気がします。
まあ、もちろんそれならシーズン30本塁打くらいは打って欲しいですけどw
posted by −Ark− at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

ホークス連敗ストップ

4月5日:ソフトバンク☆ 6 - 1 ★日本ハム

やっと勝てた・・・('A`)
初回の 四球→犠打→内川タイムリー という鮮やかな先制の直後
同じように日ハムから1点返されたときは嫌な空気が流れましたが
その後を無失点に抑えて久々の勝利。

松田に2試合連続ホームランが出て
1点しか取れない呪いから解放された感じがしますね。

あとは明日も勝って、今季初の連勝と行きましょうか・・・
posted by −Ark− at 07:02| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

今日のホークス8

4月4日:ソフトバンク★ 1 - 3 ☆西武

1本塁打を含む9安打のホークスが打線爆発!!!

のはずだったんですが

なんで1点しか取れてないんですかねえ・・・

昨日の試合で(負けたものの)2点取って
ようやく「1点しか取れない呪い」から開放されたと思いきや
またしても1点しか取れない打線orz
これで開幕6試合の内4試合が1得点で終わっています。
これはもう「1点を取りに行く野球を目指す(キリッ」という秋山監督の言葉に
悪い言霊が宿ってしまったに違いない・・・

特に今日の試合の2回表は
1イニングに1本塁打を含む4安打を集めた猛攻だったはずなんですが
何故か1点しか入らないんですよねえ(−−;
(本塁打→安打→安打→凡退→安打→凡退→凡退)
その後も4回表に無死三塁から無得点なんてのもやってまして
繋がらないプラチナバンド打線ここに極まれりって感じです。

しかしまあ、まだまだプロ野球は第1節が終わったばかり。
こうやって自虐的なネタにできるうちはまだ大丈夫だと思います。
(実際、ヒットが出てないわけじゃなく、打線が繋がってないだけなので。)
凍結中だったペーニャにもヒットが出てきたし
明日こそは大量点を取って勝ってくれると期待しておきますw
posted by −Ark− at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

開幕カード負け越し(23年ぶり)←!?

3月31日:楽天☆ 9 - 1 ★ソフトバンク

開幕戦の快勝はいったい何だったのか・・・
繋がらないプラチナバンド打線はこの日も1点しか取れず、
先発:武田も5回途中5失点で降板という酷い試合。
特に、去年は新人ながら8勝1敗だった武田には期待してたんですが
四球と被安打で簡単に点を取られましたね。

打たれた原因として挙げられてるのが
「キャッチャーのリードのせいでは?」(この日のキャッチャーは高谷)
「去年とはフォームを変えたせいで球筋が見やすくなった」
という2つですが、果たしてどちらなのか?
次回の登板に期待しようと思います。

それよりも、この試合に負けたことで
ホークスは開幕カード23年ぶりの負け越しだったそうですね!?
確かに、自分が野球を見るようになって以来
開幕カード終了後はだいたいAクラスに居た記憶があります。
暗黒時代だったダイエーホークス時代も、実は開幕カードは強かったんですねえ〜
ちなみに、開幕カードで引き分けというのも含まれているため
「開幕カード23年連続勝ち越し」とはまたちょっと意味が違うようです。
それでも、結構すごい記録だと思いますけどねw
posted by −Ark− at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

最近のプロ野球4

3月30日:楽天☆ 3 - 1 ★ソフトバンク

昨日とはうって変わって点が取れないホークス打線・・・
同じ7安打なのに結果は負けるという、
ここ最近のホークスでよく見た展開になりましたね。
昨シーズンは“繋がらない”ことを揶揄されてプラチナバンド打線
なんて言われてましたが
今シーズンも繋がらないままなのか・・・?

まあでも、まだシーズンは始まったばかり。
1勝1敗で5割なので、借金を作らないように次は勝ってほしいですね。

オリックス★ 4 - 5x(延長12回) ☆ロッテ
 昨日に引き続いて延長12回の死闘。
 しかも結果は昨日と同じロッテのサヨナラ勝ち・・・
 いやー、初っ端から体力を擦り減らす試合をやってますなあ(他人事)
posted by −Ark− at 06:17| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

2013プロ野球開幕!

3月29日:楽天★ 1 - 7 ☆ソフトバンク

ホークス勝ったあああ!!!

細川と本多がアベックホームランという
おそらく二度と起こらないであろう奇跡によりホークスが快勝しましたw
試合の中身も、先発の攝津が6回1失点(9奪三振)に抑えると
その後は 岩崎→五十嵐→ファルケンボーグ の150km/h投手リレー。
岩崎は、ストレート150km/hだけでなくフォークボールでも140km/h出てたので
この調子を維持できればそう簡単には打たれないでしょう!
打つ方も、内川以外が先発全員安打ということで
応援してる側としては気分よく見れた試合でした。

この結果、現在の個人成績は

打点王: 本多(4打点) → シーズン560打点ペース
本塁打王: 細川(1本塁打) → シーズン140本ペース
首位打者: 長谷川(10割) → 夢の10割打者待ったなし

ということになりますね(ぇー
特に細川の場合、一打席目にホームランを打ったので
一時的とは言えシーズン400本塁打ペースだったことになります(マテ

ただし、楽天先発のルーキー:則本に対しては
点は取れたけど抑えられてしまったイメージですね・・・
楽天も良い選手をルーキーで取ったなと思います。
「初対戦の投手が苦手」のホークスは今年も健在のようでorz

まあ、良いスタートが切れたのでこのままの勢いで明日も勝って欲しいものです。

その他の試合
オリックス★ 2 - 3x(12回裏) ☆ロッテ
 シーズン初っ端から延長12回という血みどろの総力戦。
 しかも12回にお互いに点を取り合って結局ロッテがサヨナラという素敵な展開w

日本ハム☆ 5 - 3 ★西武
 話題のルーキー大谷が2安打1打点とはさすが・・・

広島★ 3 - 4 ☆巨人
 11安打打っときながら6安打の巨人に負ける広島ェ…
 バリントンは今年も勝ち運に恵まれないんですかね?

DeNA★ 4 - 3 ☆中日
 古巣の中日に恩返しとばかりにブランコ3打点w

ヤクルト★ 3 - 9 ☆阪神
 阪神打線17安打大爆発。

いや〜、どこも面白い試合ばかりやってますねえw
posted by −Ark− at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

オープン戦終了〜

WBCが盛り上がる中、並行してやっていたオープン戦が終わりましたね。

我がホークスは、11勝7敗2分で12球団中3位!

上に居るのがゲーム差無しの広島と
1ゲームだけ離れた巨人だけなので
ほぼトップと同じと見てよい3位だと思いますね^−^
さらにパ・リーグのチームだけで見ればトップなので
シーズン戦もこの勢いで勝ってほしいと思います。
本塁打数、得点数 が共に12球団中2位というのも頼もしい限りです。

そして、何と言っても6本塁打でオープン戦本塁打王になった柳田!
去年から、福岡ドームでサヨナラホームランを打ったり
札幌ドームでレフトに流し打ちホームランを打ったり
長距離砲としての片鱗を見せていただけに、今年楽しみな選手ではあります。

まあ、現状では三振の数も多く「本塁打か三振か」というロマン砲などと言われていますが
そこは、経験を積んでより確実性を高めていって欲しいと思います。
チームとしても柳田をホームランバッターとして育てる方針らしく
「今年はとにかくフルスイングしろ」との指令も出ているようです(?)

あと、心配なのは腰痛で欠場していた内川の様態と
頭蓋骨を骨折していた長谷川(←チーム内2年連続で出塁率1位)と
WBC復帰後にちょっとコントロールが定まらなかった摂津と森福ですかね。
オープン戦3位とは言え、不安要素もあるので油断できないと思います。

まあ、そんな感じで、今シーズンの開幕を楽しみにしています。
posted by −Ark− at 05:42| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

WBC 準決勝 日本vsプエルトリコ

3月18日:日本★ 1 - 3 ☆プエルトリコ

日本代表負けたぁぁぁorz

この試合、平日の昼間にやるもんですから
大学で実験室を往復しながらPCでちょくちょく速報を眺めてました。
なので、試合の詳細が分からずにイライラ・・・
序盤からどんどんランナーを出すプエルトリコに対して
日本は3回までランナー無しという嫌な展開にもイライラ・・・

3点差の8回にようやく1点を返したときは、
このまま同点まで行けばまだ何とか・・・ と思ったんですが
まさかの走塁ミス(?)であっけなくチャンスは終了。
最後は、糸井がジャッジミス(?)で出塁してちょっとだけ悪あがきをしたものの
後続があっさりアウトに倒れて試合終了でした。

んー、まあ、負けたのは悔しいですが
前評判で散々いろいろ言われてた割にはいい所まで行けたんじゃないですかね?
何より、台湾戦以降の計3試合は見てて面白かったし
普段は見ない外国の選手たちを見るのも面白かったです。
あと、3試合先発して計15イニングで1失点18奪三振のマエケンもすごい!

ただ、欲を言えば打線がもっと点を取ってくれれば
また違う結果になっていたんじゃないか とも思います。
オランダ戦の2試合では打線が爆発しましたが、
結果を見ると上手く打線が機能したのはその2戦だけなんですよね・・・
どこかで「オランダ戦で当たった投手がたまたま打ちやすかっただけ」という記事があったのを見かけて
何となく嫌な予感がしていました。

まあ、なにはともあれ日本にとっての今年のWBCは終わりました。
間もなくシーズン戦が始まるので、選手たちは本職の方でも活躍してもらいたいです。

内川が気になる・・・
それで、例の8回の走塁ミスのシーンなんですが・・・
我がホークスの内川が自分のせいだと言って泣いていたので
シーズン戦に悪影響が出やしないかと気になりますね(^^;
今まで出ている情報を整理すると

・山本監督が「ダブルスチールのサインが出ていた」旨の発言をしている
・二塁走者の井端がスタートを切りかけて戻った
・打者の阿部がスイングせず、アシストしなかった
・アウトになった一塁走者の内川は「僕が全部壊してしまった」と言っている

ということになるんですが。

まず、監督の発言と井端の行動からダブルスチールのサインが出ていたことになります。
しかし、井端はスタートが遅れて、このままでは間に合わないと判断して停止。
打者の阿部は井端が止まったので特にアシストせず。
一方の内川もサインを見てスタートしたけど
下を向いて必死で走ったため井端が止まったことを見ていなかった・・・

内川が自分のせいだと言ったのは、
井端の動きを見ていなかったことに対して言ったんだと思います。
これだと、各選手の発言や行動の辻褄が合いますね・・・

まあ、真相がどうであろうと、別に誰のせいってわけでもないですけどね。
しいて言うなら、強攻策を取らざるを得ないスコア展開になったのがまずかったと思うので
結局は打線が点を取れなかったのが響いたのかなと。
なんだか、今大会はずっとこればっかり言ってる気がしますw
posted by −Ark− at 06:30| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

WBC 第2ラウンド 日本 vs オランダ

3月10日:日本☆ 16 - 4 ★オランダ(7回コールド)

 日本 | 1 5 1 | 3 1 1 | 4 || 16
オランダ| 0 0 0 | 0 4 0 | 0 ||  4


本塁打(日本):
 鳥谷 1号(1回表ソロ)、松田 1号(2回表2ラン)、内川 1号(2回表3ラン)、
 稲葉 1号(3回表ソロ)、糸井 1号(4回表3ラン)、坂本 1号(7回表満塁)



なんか知らんが打線爆発キタ━(゚∀゚)━!

一昨日までの貧打が嘘のよう、
まるでこれまでの帳尻を合わせたかのような本塁打攻勢は
初回、鳥谷の先頭打者ホームランから始まりました。
その鳥谷なんですが、この試合が始まるまではノーヒットだったんですよね・・・
そんなバッターを一番に据えるなんて、山本監督もとうとうヤケクソになったか
などと考えていた矢先のホームラン。
いや、前の記事でスモールベースボールだの何だのと愚痴ってしまってすいませんでした・・・w

要は勝てばいいわけですよ、勝てば。
人間社会は結局のところ「結果」で評価される世界です。
「いや、俺頑張ったし…」とか「努力したし…」などという言い訳が許されるのは中学生までなのですよ(何

試合はその後、日本打線が何かに目覚めたようにホームランを打ちまくり
あっという間に7回コールドというワンサイドゲームになりました。
投げては先発の前田健太が5回を無失点に抑えて2試合連続の無失点。
途中、内海と山口で計4点を取られましたが
打たれたのがバレンティン、A.ジョーンズと共に日本プロ野球に所属する選手なので
まあ、そう簡単には負けてくれないといったところでしょう。
そもそも内海vsバレンティンはシーズン中からバレンティン優位だったことを考えれば
データ通りの結果が出たとも言えますね。

あと、個人的にはホークス勢の松田と内川がホームランを打ってくれたが嬉しかったり。
このままシーズンに入るまで好調を維持して欲しいと思います。

何はともあれ、ようやく打線が本領を発揮してくれた日本代表。
決勝ラウンドでも今日みたいな大味な試合をして欲しいですね〜
posted by −Ark− at 08:03| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

WBC 第2ラウンド 日本 vs 台湾

3月9日: 台湾★ 3 - 4 ☆日本 (延長10回)

日本 | 0 0 0 | 0 0 0 | 0 2 1 | 1 || 4
台湾 | 0 0 1 | 0 1 0 | 0 1 0 | 0 || 3


WBC第2ラウンドの対台湾戦。
今日は開始前に大学から帰宅できたので、ずっとテレビ中継を見てました。
我が日本は、8回に点を取るまでヒット9本で無得点という
序盤はヒジョ〜にイライラさせる試合展開でしたが、
終盤以降に点の取り合いになり、終わってみればかなりアツい試合になりましたね!

振り返ると、見所もけっこう多かった試合だと思います。

まず、球種がほぼシンカーのみという異様な配球で
日本打線を6回無失点に抑えたオウ・ケンミン。
日本打線が攻めあぐねた部分もありましたが
前評判通りの投球だったと思います。

3回裏、先発の能見が押し出しで1点を先制され
なお2死満塁のピンチで出てきてビシッと三振で抑えた攝津。
摂津もボールカウント3まで行ったときはヒヤヒヤしましたが
その後、コースギリギリのストレートで三振まで持ち返したのは見事でした。
能見は、球自体は良かったものの
きわどいコースのストレートが何球かボール判定になったのが響いたと思います。

その攝津も5回に1点を失いますが、
これは2人目のバッターを2ストライクで追い込んでおきながら
3球目が真ん中に入ったところを打たれたといういわゆるコントロールミス。
別に大きく崩れたわけではないです。

ようやく点が取れた8回表。
この回は、スコアボードと打者成績だけ見れば日本がヒットで繋いで2点取っただけに見えるんですが
実は台湾の守備が良かったです。
抜けそうな当たりをショートが2度止めたことと
2点目を取られたときに3塁で走者をきっちりアウトにしてるんですよね・・・
ついでに言えば糸井がバントミスをしているので
このどれかが無ければもっと点が取れて逆転できたと思います。

その直後、田中が急に打たれて再び勝ち越されますが
変わった山口がその後を0点に抑えたのもすごかったです。

1点を追う9回表。
鳥谷が四球で出塁したものの、2アウトとなり絶体絶命のピンチ・・・
そこで鳥谷がまさかの盗塁を決めます。
9回2アウトから盗塁というと、
下手をすれば『バッカじゃなかろかルンバ(→参考)』になりかねないので
鳥谷にはかなりのプレッシャーがあったと思います。
まあ、実際はピッチャーのモーションが大きかったようなので
割と成功率が高いと見て走ったんだとは思いますけどね・・・
そして、この盗塁が結果的に井端の同点タイムリーを呼び込んだので
まさにギリギリの戦いをしていたと思います。
(というか、今大会の井端は大会全体を通して神がかってますねw)

同点の9回裏、台湾の攻撃。
日本は守護神の牧田(西武)を投入しますが、1人目に上手く打たれてランナーを出します。
しかし、次のバッターのバントが小フライになり・・・
それを牧田がダイビングキャッチ!
リプレイで見ると、なんだか牧田の手首がグニャリってなってて心配なんですが
このプレイもあって何とか0点に抑えました。
そういえばこのプレイを見てて思ったんですが
西武の投手ってフィールディングや牽制、クイックが上手い選手が多いですよね。
今大会はもう1人、西武から涌井も出てるのでこういう緊迫した場面では頼りになります。

そして10回表。
ランナーが出た日本は代走をつぎ込み、台湾もピッチャーをつぎ込み
文字通り総力戦になって来た試合を決めたのは若き大砲 中田の犠牲フライでした!
点の取り方としては少々地味な気もしますが
あと少し伸びていればホームランという大きな当たりだっただけに
観客は大いに盛り上がったことと思います。

10回裏。
ここまで来てもランナーを出して粘る台湾打線を
最後は杉内が併殺でしとめて試合終了

終わってみれば、久しぶりにずっと見ていたくなる面白い試合だったと思います。
(まあ、序盤はなかなか点が入らなくてイライラしてたんですけどね・・・)
これで、次の試合は明後日のオランダ戦。
ここまで来たら、このままの勢いで勝って決勝に進んでほしいですね!

あと余談
・・・とまあ、終わってみれば面白い試合だったんですが
上にも書いた通り、序盤は点が入らずにイライラしてました。
というより、今大会の日本の試合が全体的に地味なんですよね。

それもそのはず。
大会始まって、現時点で日本で長打を打ったのは糸井だけなんですね・・・
1ラウンドに続いて今日も二塁打を打った糸井ですが
ここまで糸井以外が打ったヒットは全て単打です。
・・・点効率が悪くて地味に感じるのも納得できますね。
なんだか、悪い意味で「スモールベースボール」をやっている気がします。

しかも、今日の試合ではその糸井にバントをさせたわけです。
ほんとに、わざと長打を打たせないようにしてるんじゃないかと疑います。
結果、失敗に終わったせいもあってなおさらイライラさせてくれました。

なんというか、小さくなりすぎている気がします。
「率の低い長打を狙うより、率の高い小技で繋いで点を取る」のがスモールベースボールだと認識していますが
「長打を打てる打者が、敢えて単打狙いに徹する」のは意味があるんでしょうか?
少なくとも、今大会の日本チームのスイングを見ているとそう感じてしまいます。
その点、他のチームには何人か長距離砲が居て、
空振りするにしろホームランを期待できるようなスイングをしている打者が居ます。
ランナーを貯めるだけではダメで、時にはランナーを還す打者も必要だということですね。

もちろん、チームの事情で長距離砲が居ない場合は仕方が無いでしょうが
WBCみたいな国際戦では12球団から好きな打者を選べるわけです。
それなら、小技ができる選手も長距離が打てる選手もまんべんなく選んで
それぞれが自分の役割を果たせるバッティングをすればいいでしょう。

かつて、ホームランバッターをズラリと並べた巨人が勝てなかったように
小技だけで戦おうとするチームも勝てないんだと思います。
(まあ、今のところ勝っているので今後どうなるかは分かりませんが。)
何より、長打の無い試合は見ていても派手さが無くてつまらないので
是非とも今後の日本代表にはもっと長打を打ってほしいですね・・・

というわけで、勝った割になんだか愚痴っぽくなってしまいましたが終了w
posted by −Ark− at 04:21| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

WBC 第1ラウンド

3月2日:ブラジル★ 3 - 5 ☆日本
3月3日:日本☆ 5 - 2 ★中国
3月6日:キューバ☆ 6 - 3 ★日本

WBC第1ラウンド、日本は2勝1敗で第2ラウンド進出!!

ブラジル戦で7回まで先行されてたときはどうなることかと思いましたが、
相手の隙を衝いたような感じで、終わってみれば2勝1敗で勝ち抜け。
ただ、前評判で楽勝だと言われてた割にはずいぶん苦戦したなあと思います。
キューバには負けてしまいましたが、
試合前の時点ですでに第2ラウンド進出が決まっていたので
その意味では安心して見ていられました。

それにしても、打者も投手もイマイチ乗り切れてない感がありますね・・・
前回のWBCで無敵だった杉内が1失点して、
WBC球での調整が万全と言われていた攝津も1失点して。
かと思えば、肩の調子が不安視されていた前田健太が5回無失点で抑えたり、
なんだかよく分からないです。

あと、ホークスファンとしては腰の張りで欠場した内川が心配です。
それと、ほぼベンチ要因になってる本多とかね・・・
まあ、不足の事態に備えた守備要因も必要とはいえ
あまり打席に立ってないと、シーズン始まってから大丈夫なんだろうかと。

というわけで、間もなく第2ラウンドが始まりますが
第1ラウンドほど甘くはないと思うので、日本代表の調子が上がってくれることを願います。
posted by −Ark− at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

オープン戦始まったー

土曜日から2013年プロ野球のオープン戦が始まりました!
今年はWBC出張組みが抜けてチーム自体はベストメンバーじゃないですが
それでも選手個人の今年の調子は気になりますよね。

2月23日:ソフトバンク★ 2 - 10 ☆西武

先発の新垣4失点、2番手武田も4失点という
いきなり先発投手陣が心配になる試合でした・・・
打線も、去年苦しめられた西武 野上が相変わらず苦手なようで
守備もボロボロで、これで今年大丈夫か? と思える試合でした。
いや、きっとこれはWBCメンバーが居ないせいだ・・・(と思いたい。)

それよりも、この日の練習中に長谷川が前頭部の陥没骨折という
とんでもない怪我をしたようでorz
検査の結果、「脳に異常無し、手術せずに回復を待つ」とのことだったので
まあ、悪いなりにも軽症で済んだみたいですね。
よかったよかった・・・

長谷川というと、他球団のファンにとっては地味だと思える選手ですが
実はこれでチーム内の出塁率が2年連続トップなので
居なくなったら結構ダメージがデカいのですよ。

2月24日:ソフトバンク☆ 2 - 1 ★西武

得点は前の日と同じ・・・
しかし、試合結果は勝ったー!
ついでにルーキー東浜がプロ初勝利(?)だったので
いろいろと良い試合だったんじゃないでしょうか。

東浜には、このままシーズン本戦でも活躍してほしいですね。
ただ、今シーズンは候補だけなら先発のコマはいっぱい居るので
球団としては無理をさせずに東浜を良いピッチャーに育ててほしいです。


まだ、2月で寒いですが
毎年プロ野球が始まるとそろそろ春だな〜という感じがします。
posted by −Ark− at 03:25| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。